入所

介護が必要な高齢者の自立を支援し、家庭への復帰を目指すために医師による医学的管理の下での看護・介護、療法士によるリハビリテーションを提供いたします。また、栄養管理・食事・入浴などの日常サービスまで併せて提供いたします。

短期入所(予防短期入所)

短期間(1泊から1か月程度)入所して、看護・介護、療法士によるリハビリテーション、食事・入浴などの日常サービスを受けられます。利用の際には、居宅ケアマネジャーによるケアプランが必要となります。

通所リハビリ(予防通所リハビリ)

自宅から通いにて、医師の指示による看護・介護やリハビリ専門職員とのマンツーマンでのリハビリテーション、食事・入浴などの日常サービスを受けられます。





食事

管理栄養士により作成された献立表により、利用者の状況、栄養状態に配慮した食事の提供を行います。「季節ごとの楽しみ」「選択できる楽しみ」「嗜好」を可能な限り取入れ、日常生活の質の向上を図るよう努力してまいります。自立支援のため、可能な限り離床して食堂で食べていただけるよう配慮します。
【食事時間】 (朝食)8:00~/(昼食)12:00~/(夕食)18:00~

入浴

週2回以上の入浴を行っていきます。ただし、利用者の身体の状態に応じて清拭となる場合がございます。
※一般浴での入浴が困難な方は、機械浴を用いての入浴も出来ます。

介護サービス

排泄、着替え等の介助、日常生活上の世話について、生活リハビリの一環として、入居者の身体能力を最大限活用した援助を行います。

機能訓練

有資格者による、ご本人の状況にあった、日常生活を送るために必要な機能回復の訓練・身体機能の低下を防止する訓練を行っていきます。

健康管理)

医師や医師の指示を受けた看護職員が、健康管理を行います。

自立支援

利用者個々の生活リズムを把握し、ご本人様やご家族様のご希望に沿った支援計画を立てていきます。

認知症高齢者に対するケア

認知症の状態を正確に把握し、認知症高齢者個々の状態に応じた介護ケア計画を立て、それに基づき、認知症の進行が少しでも改善されるよう個別支援の充実を図ります。